クリームパン現象

ひとり言

プロジェクトは開始された。
我々には最早逃げ道などない。(なおメンバーは一人

始めに言っておこう。
こちらが挑戦している画像はゲーム『暁のブレイカーズ』のミニキャラ3Dを元としたトレースである。トレースには問題が付き物のようなので、トラブルの気配を感じたら即刻閉店する次第である。と同時に、今回は内容がとんでもない地雷となっている。全国のりょーくんファンの方々は閲覧に覚悟を必要とすることを予め注意勧告させていただく。

まず、何を思い立ったか前回のあらすじはこちら

いちは考えたのだ。

このミニキャラを自由自在にトレースすることができれば、あんなシーンやこんなシーンを2D化してあわよくば着せ替えなんかもできてしまうのではないかと。

だがしかし。(ちゅどーん!

絵心のないわたしにとって、この思いつきは果てしない挑戦への始まりだったのである。


紆余曲折ありながらもひとまずはサムネのような感じにまとまった。これより着色作業に移る。各自戦闘に備えよ!!(なおメンバーは一人

……と、その前に。

はい。なんかイロイロとおかしいですョネ。左手のアームとかどうなってるのって感じなんですがすまないわたしにもどうなっているのかちょっとよくわからない。(原作◯イプです。わたしのテロ活動により汚れてますが元のミニキャラはぎゃんカワです。気になる方は使ってみるとよい🙆‍♂️

まあ、なんというか個人的に楽しみたいだけであわよくばブレイカーズのメニューのところあたりにちまっと飾りたいなぁって感じなワケでして、細かいコトはひとまず置いときます。それに、よくわからないトコロは濃い色で塗りつぶしてしまえばソレっぽく見えるみたいなコトをばっちゃが言ってましたし危なくなったらその装備取り外していただく方向で

だが問題はアームとかそのへんではない。

わたしはこの素晴らしきミニキャラをレイ◯2D化するにあたり、抜け出せない迷宮へと足を踏み入れていた。それがまさしく

クリームパン現象である。

まずはこちらの画像を見ていただきたい。

なんというか、まあ、ちょっとどうしたってカンジだと思うのですが、靴を描いている途中自分でもわけのわからない感覚に陥ってしまったのです。同じひらがなを何度も繰り返し書いてると「あれ、これなんだっけ」みたいなカンジになるじゃないですか(なるよネ?)。靴を書き直す途中、アレに似た感覚に陥りまして、「足ってなんだっけ」状態に突入してしまったワケです。(ごめんなさい自分でも何言ってるのかちょっとよくわからないです

これがいつものようなHTMLトカCSSトラブルとかのコード的な問題であったのならば正解を探せばよい。だがしかしこの作業において正解なんてモノは存在しないコトに遅まきながら気づき、こればかりは自分でたどり着かなくてはなるまいと決意を新たにする。しかしながら、一度クリームパンに見えてしまったらもう止まらない。わたしの地獄はまだ始まったばかりだったのだ。続いての画像はこちら。

そんなワケあるかぁ〜い!!!!(爆

バイキ◯マンの足だってもっとちゃんと足してるよ! しかもこんなんでも書いちゃ消し書いちゃ消しを繰り返し、めちゃめちゃ時間かけてます。もう足ってなんだったのかそもそもわからない思い出せない。そんな感覚とっくの昔に置いてきた。いよいよ自分の足さえもクリームパンに見えてきてしまう(重症

それでもわたしの戦いは続く。

ひいぃぃ〜んっっw
どうしてこうなるのぉwww(りょーくんという素晴らしき天使を生み出してくれたイラストレーターさん、デザイナーさん、脚本家さん、こんなにも可愛らしいミニキャラを作ってくださっている職人のみなさん、『暁のブレイカーズ』に関わる全ての方々。本当にゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイっ!)

……でな?

アタイ、思ったんよ。正面向いた靴って、ミステリーだな、と。

ブラックホールだな、と。(謎

そこで、アタイは考えた。少し角度をつけよう、と。更には、人間の技術的に小さいモノを作るコトは大きなモノをつくるコトよりも難しいと(コンタクトレンズ屋サンに)聞いたコトを思い出し、サイズも若干大きくしてみるコトにした。

これは決して逃げではない。

よく考えてみてほしい。

ミッ◯ーやコ◯ンくんをはじめとする国民的人気キャラクターはみんな足がでかい。
(と、思っていたのだけれど、改めて見ると◯ナンくんは言うほど大きくもなかった)

つまり、足の大きさと愛らしさにはなにか法則のようなモノが働いているとも考えられる。だからこそアタイは、決して逃げの姿勢ではなく攻めの姿勢で角度とサイズ感の変更に踏み込んだ。(スーパースペシャルな言い訳

続いての画像はこちら。

逃げ攻めの方向性が功を奏してか、なんとかカタチになってきた。

こうしてクリームパン現象を抜け出しつつあるものの、サイズは拡大の一途を辿り、最終的にサムネのようなりょーくんに落ち着きました。(それでもかなりのクリームパン感ある

でもな。

アタイ、思うんよ。

おいしくて、かわいくて、老若男女問わず幅広い層から愛されるクリームパンのような美味しそうな足も、サ…………アリじゃない??

……うん。

ナシよね。


次回、遂に着色に足を踏み入れる!?
俺たちの戦いはまだ始まったばかりだ!

りょーくん2D化プロジェクト。(苦情がこなければ)次の記事でアタイと握手!
チェケラ!!