APPタイムス#2 2019春号

APPタイムス
速報!!
ラッシュに備えよ! 最新作が続々リリース! 名作も新作も!

追跡! BESTタイムス

+2019年 春版+

『メイプルストーリーM』、遂に日本上陸!?
 「eスポーツ」の流れを受けてMOBA系アプリの発表・リリースが相次ぐ一方で、モバイル向のMMORPGジャンルの動きもまた活性化している。
 過去に一世を風靡した『ラグナロクオンライン』『黒い砂漠』をはじめとした有名タイ
トルの他、完全新作としてリリースされたタイトルも多数ある。
 そんな中、可愛い系ゲームが好きな皆さまに朗報だ。なんとあの『メイプルストーリー』がモバイルアプリとして2度目の復活を果たす。現在配信されている韓国版では、前作
『ポケット』とは異なり、完全フルMMOとなっている。
 その他、圧倒的なやり込み要素で数多くの廃人を生み出したとされる『魔界戦記ディスガイア』の新作アプリや、4vs4のマルチ対戦が楽しめる新作MOBA『リンクスリングス』のリリースも発表されている。
それ何ゲーですか?
 最強キャラが存在してはいけないジャンルというものがある。BESTタイムスのコーナーでも触れた、MOBA系ゲームだ。MOBAとは、「マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ」の略で
、PvPを主体としたゲームジャンルである
。管理人はゲーム制作とは縁もゆかりもない人間だが、この手のゲームでキャラクターも
のを成立させることがどれ程困難なことなのかはわかる。PvPがメインコンテンツとな
るMOBAゲームにおいて、ユニットのバランス調整は必要不可欠であり、ゲームの完成度を左右する肝である
。ここが疎かである限り、MOBAとしては成立しない。それどころか、最強キャラが存在し、それらが運と財
力のみにより入手可能であるならば、それはもはやMOBAではない。ギャンブルだ。コンテンツは常に変化を続けるので、安易なテンプレ紹介法は考え直したほうがよい。ジャンルによってはバランス調整能力のなさをアピールしているだけにすぎず、これでは単なる駄作発見器である。
最強キャラランキング!
最大のネガキャン
スマホゲームの新時代到来!?
MOBA系アプリゲームに迫る!
 密やかに、しかし確実に盛り上がりをみせるMOBA。このジャンルはゲーム性こそ全てなのだが、集金シス
『スマッシング・チキンズ』CBTレビュー
テムとしても申し分ないジャンルのため、クソゲーと良作の二極化が進みそうでもある。
 そんな中、わたしのイチ押し作品は、昨年十月にCBTが行われ
+ まんがタイムス +

 完結済み作品からおすすめのまんがを大紹介! 今回は、えすのサカエ先生の『ビッグオーダー』です。
 代表作、『未来日記』に負けず劣らずクセの強いキャラが多数登場し
、物語を盛り上げ

ます。真実まで二転三転するハラハラ感を、『未来日記』とは全く異なる世界観で楽しませてくれます。アニメ化済。
た『スマッシング・チキンズ』である。
 ゲーム性の幅広さと
、作品全体を通してのコミカルさが特徴だ。更に、序列がつけられない程にキャラクターごとに個性がある。キャラクター購入時の定価が異なるので、レアリティの表記こそないが、優劣があるもとばかり思った。しかし、実際に「3vs3スマッシュバトル」を遊んでみると、ユニットごとに操作のポイントが異なる。同じ回復ユニットだったとしても、ステージや刻一刻と変動する前線の地層、味方・敵チームの使用キ
 
ャラにより、思わぬタイミングで活躍する局面と出くわすこともあり、その逆もまた然りである。CBTにも関わらず、参加者からの評価は高く、SNSでの評判もよい。この方向性を維持したままリリースされるのならば
、間違いなくおすすめのゲームである。
 ちなみにこの作品、当初は昨年末にリリースされる予定だったが
、現在はさらりとリリース時期が不明になっている。
クソゲー回避の秘訣
 対戦系ゲームの場合
、最強キャラが主張されるゲームは総じてクソゲー率が高い。こうした盛り上がり方の時点で方向性の違いを察することができると同時に、集金に重きをおいたゲームかの判別の参考にはなる。繰り返しになるが、最強キャラの存在する対戦ゲームは対戦ゲームとして成立し得ないので注意してほしい。
このページは解像度横770px以上のPC・タブレットなどで閲覧することができます。
タブレットの方は横向きにすることで表示されたりします笑

safariでも表示可能となりました!
ぜひ見に来てね!
詳しくはこちら